私は中学校で不登校だったため通信制高校に入学しました

定期的に出される課題をこなして

体育館

それから、通信制高校での生活となりました。学校に通わなくても良いと言うのが大きなポイントで、定期的に出される課題をこなしていくというのが重要でした。課題はたくさんあり、高校での知識をつけるために必要でした。その課題をやっている時は、通常の学校の授業を受けているような感覚になれました。自分なりに知識をつけていくことができたので、すごく楽しかったです。試験ももちろんありました。自分で勉強して力がどれだけついたのかを測ることができるので、私は試験を受けるのが楽しかったです。ときどき、学校に行って面談を受けるということもありました。面談では先生と一対一なので、自分の言いたいことや考えていることをとても話しやすかったです。無事に3年間で通信制高校を卒業することができました。学校に通うことができない人でも、進む道があるということがわかったので、すごくありがたかったです。おかげで今の生活があるのです。

ペンキ

☆サイト一覧

■学校が楽しいと思えなくて、学校に行く意味がない
■たくさんの生徒の中にいることに苦痛を
■定期的に出される課題をこなして