私は中学校で不登校だったため通信制高校に入学しました

学校が楽しいと思えなくて、学校に行く意味がない

体育館

私は通信制高校を卒業して、今は社会人として働いています。私がなぜ、通信制高校に通ったかというと、中学校で不登校で悩んでいたからです。私はいじめにあっていたわけではありませんが、どうしても学校に行くことができなかったのです。理由は、学校が楽しくなかったのです。何をしても楽しいと思うことができませんでした。中学校は義務教育であるため、学校に行かなくても卒業することができます。それを良いことに、私は卒業式にも出ることはありませんでした。学校が楽しいと思えなくて、学校に行く意味がないと思っていたのです。だからと言って、ひきこもりというわけではありませんでした。学校に行かない日は、親がやっているお店の手伝いをしていました。手伝いと言っても、裏で皿洗いなどの裏方をやっていました。だから、お客さんの前に出ることはほとんどありませんでした。学校に行くよりも、働いている親のそばでお手伝いをしていた方が、とても意味があると思っていました。親も私がしたいようにさせてくれました。

ペンキ

☆サイト一覧

■学校が楽しいと思えなくて、学校に行く意味がない
■たくさんの生徒の中にいることに苦痛を
■定期的に出される課題をこなして
リンク集
通信制高校 公立
開陽高等学校通信課程